クラウド環境

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自社サーバー運用の場合】

(1)時間
サーバー構築会社の選定、さらに見積りを検討するところから、担当者様のお時間をさくことになります。
(2)操作
社内に戻らないと、Constを起動できません。
(3)各端末
WindowsOSを搭載したPC出ないと運用できません。
(4)作業工数
システム管理者様はすべてのインストール作業、設定作業をやらなければなりません。
(5)今後のバージョンアップ
クライアントに一台一台インストールしなければなりません。
(自動インストールの設定はありますが、やはりクライアント側ですべて自動インストールの設定をしなければなりません)”
(6)インストール
クライアントの設定やOSの状況によってトラブルはつきものです(SQLServerが出てこない。サイドバイサイド構成・・・。HD破損など)
(7)サポート
画像を添付してもらったり、バックアップデータを送ってもらったりなどの作業が必要です
(8)トラブル解決時間
操作手順の誤りなのか、ソフトの問題なのか、なかなか判別がつきませんので、問題解決に時間を要します。
(9)Constの初期設定
手順書を見ながら担当者様がいちいち設定しなければなりません。
(10)価格
ハードウェアの老朽化に従ってサーバーの買い替えが必要です。
(11)各クライアントパソコン購入
業務に支障のないためのハイスペックなパソコンへの買い替えが必要です。
(12)省スペース
サーバールーム(サーバー設置場所)が必要です。
(13)光熱費
サーバールームの環境保全が必要です。
(14)サーバートラブル
マシンの老朽化、接続不良・・・・など、いつ何時トラブルが発生するかわかりません。しかもサーバーでトラブルが発生した場合、サーバー管理者は一刻も早く原因を突き止めなければなりません。

 

【Microsoft Azure 運用の場合】
(1)時間
契約してから最低でも2週間以内に、サーバーの設定(WindowsServerの設定、ログインユーザーの設定、Constのインストールなどすべて)が終わります。
(2)操作
遠隔地からインターネット回線を介して、Constの操作が可能になります。
(3)各端末
Windowsマシンはもちろん、Macのマシンや、iPad、iPhone、さらにはAndroidからの入力が可能になります。
(4)作業工数
設定に先立って、貴社で必要な作業は一切ありません。弊社側で全員のRDPファイルをお作りします。
(5)今後のバージョンアップ
今後、バージョンアップの際のプログラムの更新はすべてブラックハンドが行います。所要時間は5分程度です。
(6)インストール
Constインストール作業のトラブルがゼロになります。
(7)サポート
問題が発生したときの状況説明がほとんどいらなくなります。(工事コード[0000000001]の材料費の金額が・・・などの説明で済みます)
(8)トラブル解決時間
それに伴って、トラブル時の問題解決時間が飛躍的に短縮できます。
(9)Constの初期設定
運用に則したConstの設定は、ご相談いただければ、こちらのほうで設定が可能になります。
(10)価格
永久にご使用で行きます。ハードウェアの老朽化はありません。
(11)各クライアントパソコン購入
サーバーのスペックさえ十分であれば、ハイスペックなパソコンの購入は必要がなくなります。(パソコン購入費の節約)
(12)省スペース
サーバールームがいりません。場所の節約(家賃の節約)になります。
(13)光熱費
サーバールームの環境保全(24時間体制)の必要がありません(光熱費の節約)。
(14)サーバートラブル
弊社サーバーはMicrosoft社が管理しているので、トラブルはほぼ皆無です。