「原価管理」と「経理」は違うのですか?

「経理」とは、毎月の請求書を現場ごとに振り分けて、原価を集計することです。
一方、原価を予想して、報告して、改善することが「原価管理」です。

毎月の請求書で原価を把握していたのでは、赤字の発見が遅れます。当然工事完了までに赤字を取り返すことが困難になります。
本当の原価管理とは、現場担当者が予算を超過しそうな費目をできるだけ早く予想して、現場を改善することです。そして、工事終了時には、原価を予算内に納めることです。