Constの見積導入において、一番重要なことは何ですか?

見積を「材料などの細目別にきちんと管理するか?」、それとも「見積はある程度自由度を持たせたいのか?」の運用ポリシーを、いずれかに決めることが一番重要です。
この方針次第によって、「原価細目」のマスターを整備するかどうかが決まります。
「材料などの細目別にきちんと管理する」場合には「原価細目」の整備(登録作業)が必要ですが、そうでない場合には必要ありません。
ここは今後の運用に大きくかかわる部分なので、十分に検討してください。

ただし、運用途中で「この」運用ポリシーを変更したい場合には、インポートなどがありますので、比較的容易にできます。