リボンの特性を教えてください。

従来のメニュー バーおよびツール バーと比べて、リボンには以下の特徴があります。

・すべてのコマンドに対応する単一のユーザーインターフェイス (UI)
ツールバーは効率的で直接的ですが、画面領域をもう少し拡大して、メニューバーとツールバーの機能をすべて持つ単一のコマンドUIを作成できれば便利です。単体のUIだけで構成されるリボンを使用すると、目的のコマンドがどのUIにあるのかを考えずに済みます。

・一目瞭然
メニューバー、コマンドはラベルで処理内容がわかりますが、多くの場合非表示になっています。ツールバーボタンは、画面領域を節約するために主にラベルの代わりにアイコンで表示されており 、アイコンの意味が伝わりにくい場合はツールヒントに頼っています。通常、ユーザーがアイコンの意味を把握しているのは最もよく使用するコマンドだけです。
ほとんどのコマンドをラベル付きのアイコンで提示することによって、リボンコマンドは見るだけで内容を把握できます。ツールヒントを使用するのは補足情報を表示するときだけです。コマンドを理解するために他の場所 (ヘルプなど) にアクセスする必要はほとんどなくなります。

・ラベル付けされたグループ
リボンでは、コマンドをラベル付けされたグループに整理することで、コマンドを見つけやすく、コマンドの目的を確認しやすくします。

・直接的、即時型
一回のクリックで呼び出されるため、複数のメニューを開く必要がなく、直接的で、なおかつ即座に効果が現れるコマンドは即時型です。
ほとんどのリボンコマンドは、最もよく使用されるコマンドを一回のクリックで呼び出し、追加入力のためのダイアログを必要とせず、直接かつ即座に実行するように設計されています。