原価管理

原価管理

「連動」タブの機能で、完成工事高の仕訳は作成できますか?

可能です。
「売上伝票」が対象になります。
「売上請求」タブの「売上伝票入力」で入力しても、作成されます。
財務との連動部分では、この「売上伝票」をもとに売上の仕訳を作成します。
「売上伝票入力」の「区分」に「0:工事未収入金」を設定すれば、完成工事未収入金/完成工事高 の仕訳が作成されますし、「2:現金」を設定すれば、 現金/完成工事高 の仕訳が作成されます。
この場合、「他社連動」タブの「入金・支払伝票作成」の「詳細設定」で現金や預金などの勘定科目コードを設定しますが、コード管理をしない会計システム(弥生会計やMFクラウドやfreeeなど)の場合には「勘定科目登録」で、「1111:現金」や「1112:当座預金」などの科目を作成する必要があります。

「連動」タブの機能で、工事未払金の振替伝票を作成する際に「補助科目」を設定しての振替伝票作成は可能でしょうか?

工事未払金(買掛金)に関しては、補助科目を設定・作成することができます。
「連動」タブの「財務会計連動設定」を開き「補助コード」ボタンを押すと、業者の補助コードを付加することができます。
例えば「MFクラウド」ですと、補助科目のフィールドには「業者名」が出力されるはずです。

「連動」タブの機能で、工事未収入金の振替伝票を作成する際に「補助科目」を設定しての振替伝票作成は可能でしょうか?

工事未収入金(売掛金)に関しては、補助科目を設定・作成することができます。
「連動」タブの「財務会計連動設定」を開き「補助コード」ボタンを押すと、得意先の補助コードを付加することができます。
例えば「MFクラウド」ですと、補助科目のフィールドには「得意先名」が出力されるはずです。

毎月の材料費、労務費、経費、外注費の総額を把握するのに適した帳票はありますか?

さまざまな帳票がありますが、材労外経の要素金額に注視したいならば、「工事実績表」タブの「要素別管理表」が適切です。
月別に見たいのであれば「工事推移表」などもあります。
明細レベルで把握したい場合には「工事台帳」もお勧めです。

「工事一覧表」で8月に完成した工事分だけを見たいとき、どうすればいいですか?

8月完成分の工事のみを出力したいのであれば、以下のように指定してください。

(1)出力期間(原価を集計する期間)を8月1日~8月31日(すべての原価を集計したいのなら全範囲を指定する)にする。
(2)出力項目を「完成」にする。
(3)出力工事の「フィルタ」ボタンを押下して、「完成日」にチェックを入れ、8月1日~8月31日を指定する。

これで、8月の完成分だけの工事が出力されます。

「工事一覧表」で今月の工事だけを表示することができますか?

工事の「フィルタ」で「着工日」や「完成予定日」のフィルタ条件をつけるか、もしくは、「詳細設定」で「動きのない工事も出力」のチェックをオフにしてください。
「動きのある/なし」となる対象は日報(請求データ)、予算などがあります。これも「詳細設定」で指定してください。

社員の経費明細を出力できますか?

「その他実績表」タブの「経費明細書」で出力することができます。
そのためには「工事日報入力」で、経費の明細(たとえば交通費、仮払いの電話代など)に「社員」を入力する必要があります。
「工事日報入力」で社員が入力されていれば、「経費明細書」に出力することができます。

工事の総括表のようなものはありますか?

いろいろな出力フォーマットはありますが、「一覧」⇒「工事一覧表」であれば、工事に対する様々な金額を出力することができます。予算、売上、入金、入金残など、様々な角度から工事を分析することができます。

工事台帳の鑑部分を出力しないようにすることはできますか?

「詳細設定」の鑑情報で「工事情報」のチェックを外すと鑑の部分が出力されなくなります。

勘定(原価)科目別の金額を工種別に確認できますか?

「その他実績表」⇒「科目別原価報告書」で勘定科目を指定すると、工事ごと工種ごとの金額が把握できます。

財務会計でいう「総勘定元帳」のような勘定(原価)科目別の台帳はありますか?

「その他実績表」⇒「勘定科目元帳」で、原価科目の明細が閲覧できます。

資材の金額を工種別に見ることはできますか?

「その他実績表」⇒「細目原価実績表」で、資材(原価細目)を指定します。
工種別金額が集計されて出力されます。

材料の明細だけを台帳形式で確認することはできますか?

「その他実績表」⇒「原価細目元帳」で原価細目の工事日報を出力することができます。
ここで材料資材を指定してください。

特定の社員の工事日報だけを表示できますか?

「その他実績表」⇒「社員元帳」にて、特定の社員の明細を表示することができます。

工事原価管理で、業者をキーにした帳票はありますか?

「その他実績表」の「業者元帳」、「業者原価実績表」などがあります。 また工事区分、工事ごとに発生額を出力する「業者別区分管理表」も業者をキーにした帳票です。

会社データを削除できますか?

リボンメニューの「設定」タブ⇒「データ管理」グループ⇒「データ抹消」でデータを削除することができます。
ただし、データ削除の前には必ずデータの「バックアップ」を取っておいてください。

工事原価管理で、材料をキーにした帳票はありますか?

「その他実績表」の「原価細目元帳」、「細目別原価報告書」などがあります。 材料だけではなく、経費の費目や外注費についても、細目別の原価をとらえることができます。

工事原価管理で、社員をキーにした帳票はありますか?

「その他実績表」の「社員元帳」、「社員別原価報告書」などがあります。 その他にも「出面管理」をご購入いただければ、社員別の勤怠管理表や、給与支払い表などの豊富な帳票が閲覧できるようになります。

工事原価管理で、勘定科目をキーにした帳票はありますか?

「その他実績表」の「勘定科目元帳」、「科目別原価報告書」、「科目別原価集計表」などがあります。 「勘定科目元帳」は工事原価科目の総勘定元帳のようなものです。「科目別原価報告書」はその原価科目にいくら原価がかかったかなどを、現場、工種別などに集計する帳票です。
「科目別原価集計表」の合計金額はそのまま、工事原価報告書の原価の金額になります。

工事台帳に入金の情報を表示することはできますか?

できます。
「F11 詳細設定」⇒「鑑表示」の「入金情報」のチェックボックスをオンにしてください。
指定された工事の入金情報が表示されるようになります。

工事台帳に業者を表示することはできますか?

工事台帳は出力項目を自由に選択することができます。
「詳細設定」の「表示項目」から出力したい項目だけを選んでください。

全ての工事の予定工期などの状況を一目で見られるようなものはありますか?

金額面の状況が知りたければ、「一覧表」⇒「工事一覧表」が最適です。
また、工事の細かい情報や、工事の工期の混雑やダブりなどをチェックしたければ、「マスター」⇒「工事状況管理表」が最適です。
工期が時間軸に沿って表示されますので、全社の工事の予定が目で見てわかります。

全社の工事全体を把握する管理表はありますか?

「一覧表」⇒「工事一覧表」があります。
この帳票は会社全体の工事の状況を一覧表形式で出力するものです。
進捗率、計画利益、実質利益などを確認したい場合にはこの帳票で確認してください。

見込工事と工事はどう違いますか?

見込工事とは、見積を依頼されたときの案件のことです。
つまり、成約前の工事のことで、この段階ではまだ工事が発生するかどうかはわかりません。受注して初めてこの見込工事は工事になります。
Constではこの見込工事と工事はデータ上では別のデータとして扱っていて、見込工事を受注した段階で、見込工事のデータをもとに、工事データを自動作成します。
そして工事原価は自動生成された工事データをもとに管理していくことになります。
受注前までは「見込工事」をもとに、受注してからは「工事」をもとに運営していくことになります。

追加工事の管理はできますか?

はい、できます。
ブラックハンド Constは、追加工事が発生した場合の処理も万全です。
工事に99個まで枝番号をつけることができますので、追加工事が発生した場合は、枝番号を1から99まで付番して管理します。
そうすることにより、実行予算や日報入力は各々の工事として入力し、工事台帳や工事一覧表では同一の工事として計算することが可能になります。
工事台帳や工事一覧表では、範囲指定に「枝番号(追加工事)をひとつにまとめて集計」という設定がありますので、それをチェックしてもらえば、追加工事を同一工事として集計することができます。むろんチェックを外せば、工事単体の金額を集計することができます。
各々の明細は本体工事と追加工事を分けて見たい、しかし、利益計算のときにはすべての工事をまとめて計算したい、という場合にも柔軟に対応できます。

工事台帳の鑑に利益率や利益額は出てきますか?

出てきます。
さらに実行予算を立てていれば、予定利益率や予定利益額も表示されるようになっています。

工事台帳で鑑を表示しないようにすることはできますか?

できます。
「F11 詳細設定」で鑑情報グループの「工事情報」のチェックをオフにしてください。

工事台帳は出力できますか?

はい、できます。
工事台帳は鑑の部分と明細の部分に分けて表示されます。
鑑の部分には、工事に関する情報(元請名や住所など)や予定利益率や実質利益率などが出力され、表示をオンにしたりオフにしたりすることができます。
明細部分は工事の日報明細の実績が出力されます。この明細はその場で修正することもできます。

工事経歴書は出力できますか?

「工事管理表」タブに、「工事経歴書」のメニューがあります。
ここで、出力範囲の指定中に「(工事)フィルタ」のダイアログを開き、「工事種類」を選ぶと、指定された工事種類に対する工事経歴書が出力されます。