発注管理

発注管理

ユーザー別に承認権限を付与することはできますか?

リボンメニューの「データ」タブ⇒「セキュリティ」グルーブ⇒「ユーザー登録」を開いて、「承認権限」を「1:あり」に設定してください。
承認権限を持つことができます。

発注書の入力中に発注書を呼び出せますか?

コードの入力中なら「F9 発注書印刷」、明細の入力中なら「F12 発注書印刷」ボタンで、発注書を呼び出すことができます。

注文書が月に約1万件、年に10万件以上あるのですが、運用可能ですか?

大丈夫です。
本システムは20万件までの発注書に対応しており、データが膨大になっても、速度の低下が最小限になるような工夫がなされています。

発注書に承認機能をつけたいのですがどうすればよいですか?

「発注管理」⇒「発注支払設定」⇒「注文書関連」タブ⇒「発注伝票承認管理」で、「訂正すると承認を取り消し」か、「承認解除で訂正可能」を選んでください。
「管理者が発注伝票を承認したあとで、発注書を発行する」という業務の流れ(ワークフロー)が実現できます。

見積書などで会社の画像を設定することはできますか?

リボンメニューの「表示」タブ⇒「表示」グループの「カスタマイズ」を押してください。
「会社ロゴの設定」がありますので、そこで会社のロゴを設定してください。
(BMP形式のファイルを設定してください)

支払伝票とは?

実際にお金を支払うときの伝票です。
銀行への振り込み、手形などを選択し、金額を入力します。

請求データとはなんですか?

業者からの請求書が来た際(支払が発生した際)に入力する伝票です。
この段階では、どの業者にいつまでにいくら支払うのかがわかっていますが、あくまで「支払額が発生」しただけで、支払ったことにはなりません。
実際の支払いは「支払伝票」で行います。

実行予算入力中に支払額を見ることができますか?

はい、できます。
「実行予算」⇒「実行予算設定」⇒「発注伝票」グループの「支払額を表示する」をオンにしてください。 実行予算で支払額を確認することができます。

「支払査定処理」に入力した発注伝票が上がってきません。

「支払査定処理」でリストに上がってくる発注伝票の区分は「1:発注済」のものだけです。
発注伝票の区分を確認してみてください。