支払管理

支払管理

「支払伝票確認表」で金額のミスを発見しました。その明細を修正することはできますか?

はい、できます。
修正したい明細を「ダブルクリック」するか、「F8 ジャンプ」ボタンを押してください。
ジャンプしたい明細にカーソルを合わせ、「F12 決定」ボタンを押すか、Enterキーを押すと、「支払伝票入力」が開き、その明細が呼び出されます。
修正したい箇所を修正して「保存」してください。

「支払確定確認表」で金額のミスを発見しました。その明細を修正することはできますか?

はい、できます。
修正したい明細を「ダブルクリック」するか、「F8 ジャンプ」ボタンを押してください。
ジャンプしたい明細にカーソルを合わせ、「F12 決定」ボタンを押すか、Enterキーを押すと、「支払確定処理」が開き、その明細が呼び出されます。
修正したい箇所を修正して「保存」してください。

支払予定日を決める際に、その日が休日であれば前日に持ってくるようにすることはできますか?

はい、できます。
「発注支払初期設定」⇒「支払予定日が祝祭日・休日(土日)の場合」にて設定できます。

資金繰りのため、入金予定や支払予定の帳票で、手形の決済日を考慮した金額は出力できませんか?

「回収(入金)予定表」や「支払予定表」で手形の決済日で入金支払を管理することができます。
また、「入金支払管理表」でも全社、または個別の工事の入金支払情報を把握することができます。

銀行振込依頼表「EB出力」に関して、以下のようにファイル名を出力したのに、ファイルが出力されません。 「C:\Blackhand\App\Doc\Work\EBFileout.txt」 なぜでしょうか?

おそらく、以下のようにファイル名の後に「00」などの数値がついて出力されているのではないでしょうか?
「C:¥Blackhand¥App¥Doc¥Work¥EBFileout00.txt」
この「00」の数値は会社銀行の登録番号を指しています。
会社銀行登録での1番目の登録であれば「00」、2番目の登録であれば「01」など、指定したファイル名に2桁の数値をつけて出力される仕様になっています。
なぜならば、会社銀行が変わった場合はファイルも変わるほうが間違いがないからです。
(会社銀行が変わっただけで、ファイルが上書きされるのを防いでいます)

支払伝票入力で行の貼り付けはできますか?

「Ctrl+Shift+V」、もしくは右クリックで「行の貼り付け」で、クリップボードの内容を現在カーソルのある行にコピーすることができます。
「Shift+F3 行の貼付」でも同様です。
行を変えたい場合に、行を切り取って、別の行にペースト(貼り付け)することができます。

支払伝票入力で前行のコピーはできますか?

「Ctrl+Shift+Z」、もしくは右クリックで「前行コピー」で、前行をコピーすることができます。 「Shift+F4 前行コピー」でも同様です。
同じような明細がある場合、似たような明細(前行)からコピーして、違う部分だけを編集すると、便利です。

手形の引落とし日を考慮した帳票はありますか?(資金繰りのため)

「支払管理」に「入金支払管理表」があります。
手形の引落とし日を考慮した金額が月次で出力されます。

業者によって支払いサイトや振込銀行、現金、振込、手形の率が違うのですが、設定できる画面はありますか?

リボンメニューの「マスター」タブ⇒「業者登録」で業者を呼び出してから、「F2 詳細情報」、「F3 支払情報」ボタンで、業者の締日や支払日、振込銀行、業者の支払銀行口座などの設定ができます。
もちろんこれらは初期値にすぎませんので、実際の支払いの段階で銀行口座を変えたり、支払日を変えたりすることも可能です。

業者からの請求書はどこで入力するのがよいですか?

「日常」⇒「請求データ入力」、もしくは「発注」⇒「請求データ入力」で業者からの請求書を入力してください。

業者からの請求書を入力しているのですが、支払額を一覧で確認できますか?

「一覧表」⇒「業者一覧表」で、業者ごとの支払額を把握することができます。