見込工事を正式に受注したら、なにをするべきですか?

「見込工事受注処理」を実行して、見込工事データを工事データに、見積データを実行予算データに転送する処理を行ってください。
以降はここで作成された工事をもとに原価の管理を行っていきます。