見積と同時に受注成立の細かい工事が多いのですが、そういう工事に対しても、いちいち「見込工事受注処理」を行わないといけないのでしょうか?

いいえ。
Constでは一日で終わる工事のために、見込工事に「見積時に工事データ、実行予算データを作成する」という選択を設けています。
軽い工事の場合には、「はい」にすれば、見積と同時に契約成立とみなし、工事データ、実行予算データを自動作成します。
簡単な工事の場合には、この機能を利用すれば、「見込工事受注処理」をしなくても済みます。