JV機能を搭載しました。

通常の工事登録で(0:一般工事/1:JV工事)の区分を「JV工事」に入力することによって、JVの機能が使用できます。
(オプション機能です)